コミュニティ通訳ボランティアスキルアップ研修

6月26日(月)@済生会千里病院
吹田市委託事業

済生会千里病院糖尿病内科部長の鈴木正昭先生をお迎えし、近年、糖尿病患者が増えてきた背景や病気の特徴・症状についてお話いただきました。 糖尿病は症状がわかりにくく、何年も経過し合併症が出てから初めて気付くこともあるので、病気を未然に防ぐには日々の食事と運動のバランスが何よりも大切だそうです。また糖尿病に処方される配合薬が非常に複雑なため、病気の症状や薬の服用について質問が出るなど、参加者みなさんの熱心さが伝わってくる研修でした。

コミュニティ通訳ボランティアスキルアップ研修
Posted on 2017.06.26 in 事業レポート