大和大学看護学科実習講義

10月20日(木)・12月8日(木)・1月19日(木)@ラコルタ

地域の国際化の現状を知り、将来看護師として外国人患者に対するよりよいケアの方法を探る大和大学看護学科の実習の一環として、医療現場で活動しているコミュニティ通訳ボランティアによる講義が行われました。

日頃の活動を通じて感じることや、「患者さんの国の文化的背景を理解し自分がスタンダードと思わない」など心得をお話しいただき、真剣な眼差しで耳を傾けていた学生の方たちに「いつか病院で看護師と通訳として会うかもしれないね!がんばって!」とエールを送られました。違いを認め患者に歩み寄る気持ちを胸に、将来への第一歩を踏み出されることでしょう。