ハロハロSQUARE 夏休み自習室

外国にルーツをもつ子どものための放課後教室

8月3日(月)・7日(金)・11日(火)・14日(金)・17日(月) @オンライン

外国にルーツをもつハロハロの子どもたちは、毎年夏休みにルーツのある国の家族のもとに帰る子が多いのですが、今年 はコロナの影響でそれが叶わず、例年よりも夏休み自習室に参加する子が多くいました。とはいえ、自習室もコロナの影響でいつも通りの対面活動は中止となり、オンライン(Zoom)での開催になりました。  

毎回全員が集まってゲームやクイズをしたあと、2~3人のルームに分かれてボランティア先生と一緒に勉強し、最後には今日やったことを1人ずつ話してもらいました。いろいろなゲームを試してみましたが、中でも「丸いもの」「赤いもの」「やわらかいもの」などのお題に合うものを探すゲームはとてもおもしろかったです。家の中にあるものを使えるのは、オンラインならではの遊び方かもしれません。  

子どもたちは夏休みの宿題の漢字を勉強したり、苦手な数学を勉強したりしました。中には家族との旅行先から参加してくれたり、勉強よりもみんなとのしりとりゲームやおしゃべりを楽しんでいた子どももいました。どこからでも参加できるのもオンラインのいいところかもしれません。  

オンラインでの活動については、始める前からボランティアの皆さんと一緒に操作練習を重ねてきました。操作に失敗したり、対面とは違って教材を見せ合いにくかったり、何を勉強していいかわからなかったり、難しい面も多くありました。けれども、みんなで集まれない状況下でこうしてつながりを保つことができたことは、ハロハロのみんなにとって「夏の思い出」になることでしょう。

Posted on 2020.10.12 in 事業レポート